個人輸入代行は信頼のおける業者を選びましょう。

代行業者が発注の手続きを仲介してくれる

個人輸入とは、海外の製品を個人で輸入することですが、そのためには語学力とか、ある程度の知識が必要になってきます。

誰でもすぐに実行できるものではありません。

そこで登場するのが個人輸入代行業者の存在です。

代行業者が発注の手続きを仲介してくれるので、商品は直接に販売元から自宅に届きます。

一般的に需要が多いのがサプリメント・AGAに関連する医薬品や育毛剤・ED関連のものでしょう。

例えばAGAの治療に医療機関を受診して、内服薬や外用薬等を処方してもらうためには、治療を行っている医療機関を探して受診しなければなりません。

通院にかかる時間、待ち時間など時間的な拘束があります。

また健康保険適用外の自費治療となるので医療費も高額になります。

治療を受けるわけですから、当然のことと言ってしまえばそれまでですが、煩わしさを伴います。

ネット通販の感覚

これらの治療薬をネットで購入できるとすると便利だと感じる人は多いのではないでしょうか。

目的とする商品をネット通販の感覚で購入できるのですから、周りを気にすることもなく、簡単に治療できます。

しかも、医療機関で処方してもらうよりもかなり安価に購入できるのです。

ネット通販と個人輸入代行は区別しなければなりませんが、実際に利用する側から見ればほぼ同じ手順で製品を入手できるのです。

医療機関を受診して医師に治療薬を処方してもらうためには診察料・処方料・薬剤の料金がかかります。

一方個人輸入代行を利用すると、一概には言えませんが、医療機関で処方してもらうよりも、ほとんど半分から三分の一の価格で入手できます。

悪質な業者に注意

ここで一つ注意をしなければならないのは、個人輸入代行業者の中には悪質な業者も存在するということです。

ネット上に店舗を開いて日本語表記をしてあっても、その実際は東南アジアなど海外にある場合が多いので、中には粗悪なものをつかまされる危険性もあります。

代行業者を利用するのであれば情報収集は大切なことで、口コミなども参考にするとよいでしょう。

また、個人輸入をした商品は日本で未認可の薬剤であったり、また処方薬として取り扱われているものがほとんどです。

使用に際しては説明書をよく読んで使用し、もし副作用などの症状が心配な場合は、医療機関を受診して検査をうけることも大切です。

使用するのに注意を必要とする疾患などを持っている場合、事前に信頼のおける医師やや薬剤師に相談して安全に使用しましょう。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする