個人輸入代行サービスを上手に使う

シリアルナンバーで正規品を確認できる

病院に行かなければ手に入れることができなかった薬を手に入れるためには、個人輸入代行サービスを利用するのがおすすめです。

このサービスは基本的には薬事法などに従って運用されているので、使用したから罰せられるということにはなりません。

リスクとしては偽物の薬が送られてくるということがあります。

しかし個人輸入代行業者のウェブサイトを調べれば、シリアルナンバーなどで本物かどうか確認すれば、偽物をそのまま飲んでしまうリスクを回避するのに役立ちます。

シリアルナンバーというのは、薬に付けられている固有に番号で、これを確認すれば、どのような経路で送付されたものか簡単に調べることができます。

例えば、インドのジェネリック医薬品を購入した場合に、他の国を経由して日本まで送られます。

どこを経由したのか知ることで、安心して使えます。

あくまで自己責任

個人輸入で気になるのは、副作用が出たときの対処ですが、これに関しては自己責任なので、体調が悪くなったら、使用を中止して早めに病院にかかるしか方法はありません。

薬によってはウェブサイトで副作用の症状などが詳細に書かれているので、服用する前に確認をしておくことをおすすめします。

個人輸入で購入できる医薬品でいちばん人気なのはED治療薬です。

この薬は日本国内では医師の処方箋が必要なので、EDの症状がなければ購入することができなくなっています。

しかし個人輸入ならば、EDではない人でも購入することができるので、パートナーとのスキンシップをするための利用が可能です。

ジェネリックも扱っている

薄毛の治療薬は基本的には日本国内で販売されているものと同じ成分ですが、ジェネリック医薬品を購入することができるので、国内の皮膚科などを受診するよりもかなり安い価格で手に入れられます。

医療費が安くなれば、治療を長期間続けることができるので、薄毛が改善するまで使い続けられます。

薄毛治療は4年以上かかることも多いので、なるべく安い薬を飲み続ける方が負担を少なくすることができます。

個人輸入代行サービスでは、性病検査キットも購入が可能なので、性病の心配がある人は検査キットを使用して結果を確認してから、抗生物質を購入して飲むこともできます。

検査キットは性病の他にもピロリ菌や糖尿病のものがあるので、健康診断をなかなか受けられない人にはおすすめです。

またサプリメントは日本では手に入れられないのもが多いので、より効果の高いものを見つけることができます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする