医薬品の個人輸入代行ランキングから見えること

個人輸入代行という方法

個人輸入代行とは、個人で海外の製品を取り寄せる行為を、第三者に行ってもらうことです。

通常なら海外から製品を集めるのは企業の現地法人、もしくは国内企業の代理店で、製品を流通させます。

流通した製品を消費者が買うことで海外の製品というのは個人の手に入るのです。

個人輸入の場合は個人が直接現地の企業や店舗に注文し購入することになります。

この国境を越えたやりとりは言語が大きな壁になることが多いです。

高い言語能力を自分にも相手にも求めることになります。

荷物が届かない、商品が希望したものと違うといったトラブルも多い為、素人には難しいものです。

あくまでも自己責任

そこで個人輸入代行を業者に依頼することができます。

利用する個人としては相手の国の言語がまったくわからなくても、プロに任せられるということです。

この個人輸入代行は医薬品についても国で認められています。

医薬品の個人輸入代行についてランキングをまとめているサイトがあるので見てみます。

価格、品質、品揃え、サポート、安心度、支払い方法6つの項目を5段階評価してランキングしています。

1位はサポートと安心度が最大の5ですが、2位、3位とサポートと安心は減る結果になっています。

10位に至ってはサポートが2、安心度が1です。

他の項目が高いのでランクインしています。

このランキングから見えてくるのは、どのサイトで購入するのがオススメというよりかは、
個人輸入代行による医薬品の使用は自己責任、といったところでしょうか。

気を付けるべきポイント

海外製品をこの方法で購入するときに気を付けるべきポイントをまとめます。

まず医薬品の個人輸入ができるのは自己責任が持てる20代以上の人です。

個人輸入したものを他人に譲ったり売ったりすることは認められていません。

日本の薬事法に基づいた承認や認証を受けていない医薬品の広告や発送等を行うことは、違法行為です
代行業者ではなく購入者に責任がすべて求められるということを留意しておきましょう。

また使用する本人が医薬品名・製品名・効能効果・副作用を熟知している必要があります。

実際に届いた製品がそれと合致しているか判断するのも自己の責任になるのです。

クーリング・オフ制度の対象外になりますので、十分に検討して購入を行ってください。

個人輸入で海外の医薬品を取り寄せることは、海外で行っていた治療を継続する場合等を考慮して認められています。

代行してくれる業者がいるからといってすべて任せきりに考えるのではなく、自己責任が求められるものなのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする