個人輸入代行の評価は上がっている

ジェネリックも個人輸入代行で

個人輸入代行は現在、格安で本物の医薬品を購入することができることから評価は上がっています。

少し前までは偽物が出回るリスクが高かったので、一般の人にはあまり普及していませんでしたが、最近ではしっかりと本物が届けられるので、利用する人も増え続けている状況です。

日本の薬事法を守りながら販売を続けているので、信頼性も高まっていて、とくにジェネリック医薬品に関しては、医療機関でなかなか扱わないものも販売されていることから、AGAやEDなどの治療薬の需要が伸びています。

保険適用外の場合もある

AGAやEDは男性専用の薬ですが、女性に関してもピルの需要が増えていて、とくに超低用量ピルに関しては格安で手に入れることができるので、婦人科で診察をしてもらい個人輸入で薬を手に入れる女性も増えています。

ピルは保険適用外になることがあるので、医療機関で購入するよりも個人輸入のほうがかなり安い価格で購入できる場合があります。

保険適用されれば医療機関のほうが安いのですが、全額自己負担の医薬品は高くなります。

婦人科系の病気とくに性病の薬や検査キットに関しては、病院で検査をするのが恥ずかしいという心理が働いているので、まず自分で検査をしてみて、必要な薬を個人輸入代行サービスで手に入れるというのが一般的になっています。

症状が重くなければ抗生物質を投与するだけで完治するので、医療機関で治療をするよりもインターネットを利用して薬を手に入れるほうが簡単にすみます。

とくに地方に住んでいる若い女性などは病院で性病の検査をすると近所の人に知らえる可能性もあるので、誰にも知られずに検査のできる検査キットを購入する割合が高まっています。

ED治療薬に関しては、病気と診察されないと処方を受けることができないので、病気ではない男性の多くが個人輸入代行サービスで薬を手に入れています。

ジェネリック医薬品を購入すると半額程度の値段なので、病院で先発品を処方されるよりもかなり安くなります。

シリアルナンバーで正規品のチェックができる

先発品とジェネリック医薬品は成分は同じで、半減期などの違いも誤差の範囲なので、違和感なく使用する利用者が世界的に見ても増えています。

ED治療薬は世界中で流行しているので、今後も需要が伸びる可能性があります。

需要が増え続けると心配なのが偽物の治療薬の存在ですが、個人輸入代行サービスではシリアルナンバーを確認するなどのチェックを行っているので、偽物の薬を送られるリスクはほぼ無くなっています。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする