個人輸入代行の評価はどのようになっているのか

個人輸入代行業者を利用する

個人輸入代行とは海外の製品を日本国内で買う場合、それが日本で販売されていなければ売っている場所に行くか、販売店から日本に輸出してもらいそれを購入するしかありません。

何か別の用件があって海外に行くのであれば問題はありませんが、ただ商品が欲しいから行くというのではコストがかかり過ぎるため、コストを抑えて購入する方法として個人輸入を代行している業者から商品を買うという方法があります。

医薬品も個人輸入代行で買える

この購入方法は海外のブランド品やその国でしか販売されていない商品を購入する場合に難しい手続きは業者が行ってくれるので、購入者はただ欲しい商品を買うように依頼するだけでいいのでとても簡単だと評価が高くなっています。

その業者の中には最初から人気の高い商品をピックアップしておいて、それを消費者が選んで入金すれば送付してくれるという通販と同じ要領を行っているところもあります。

この方法のメリットは通常のやり方で海外製品が日本に入って来るといくつもの業者を経由するので中間手数料が発生し、そのために原価がそれほどでもなくても手元に届くころには何倍もの値段になってしまうというのはよくあることです。

しかし個人輸入代行では販売元かその直接の卸売業者から購入するので中間マージンがあまり発生せず、代行業者に手数料を支払ってもまだ安く入手することが可能になりからです。

この個人輸入代行は雑貨や小物といった商品で行われていますが、医薬品でもこの方法で海外の薬を購入する人が増加しています。

その薬とは性的なものが多く、これはそのような薬は海外で認可を受けることが早く日本では無認可のために国内での入手が困難であるからで、少しでも早く入手したい人は個人輸入で手に入れようとする傾向が強いからでしょう。

この医薬品を個人輸入で入手するという方法は評価が高く、それは日本の法律が適用されないので欲しいだけ買えるというメリットがあるからです。

特に性的なものは人間の本能に組み込まれた欲求を解消するために使うので、できれば多く入手して継続して使いたいと考える場合が多くなっています。

あくまでも自己責任

ただしデメリットもあって、この海外での入手ルートの途中で偽造品が混ざることがよくあり、入手できても効果が無いばかりか悪影響を及ぼす可能性も少なくありません。

これは代行業者にも責任が取れない部分があり、評価の高い薬であればあるほど巧妙な手口で偽造品を販売ルートに入り込ましています。

そのためこの方法は自己責任の度合いが高く、業者も信用できるところを選んであまりに価格が安いところは避けるようにして下さい。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする