海外医薬品入手は病院、個人輸入、個人輸入代行で比較するとよい

医薬品のネット通販

皆さんは海外から医薬品を取り寄せたことがありますか。

恐らく殆どの人が薬を購入する際、近所の薬局やドラッグストアへ行ったり、インターネットの通販サイトで探して購入すると思います。

風邪や腹痛、ちょっとした怪我などに対処できる様々な治療薬がお店には揃っています。

多くの人がかかる病気で比較的軽い症状のものは、それらのお店で探せばあるはずです。

薬局で買えない医薬品もある

しかし薬局などで扱ってない薬もあります。

医療用医薬品といった部類のものです。

市販されているものよりも効き目がよいのですが、経過を見る必要があったり、用法や用量を守っても副作用が出るものなどもあり、医師の診断の下で判断され処方されます。

そういった医療用医薬品も市販されているもの同様、沢山あります。

その中には例えば育毛剤もあります。

育毛剤と言えばテレビのCMなどで見たことのある人もいると思いますが、それは一般用医薬品に属する商品か、それにも属さない医薬部外品のものになります。

医師の処方無しに街のお店で購入出来るものです。

もちろん病院で処方される育毛剤は市販されていません。

ところが病院で処方されるものは保険が適用されるのもありますが、そうでない実費を支払わなければならないのもあります。

しかしそれは日本国内での話しです。

同じ薬が海外で販売されていたり、また同じ成分の別商品がジェネリック医薬品として販売されていたりします。

それらを入手するいくつかの方法があります。

ところで入手方法が色々あるならば、金額などを比較してみるといいかもしれません。

同じ物に高いお金を出すのは損をしていると感じるはずです。

海外医薬品の個人輸入

個人が海外から物を取り寄せるのは、個人輸入となります。

その場合、海外へ行くととても費用がかかるので、海外のインターネット通販を利用します。

そこでかかるのは薬の代金と高めの送料に関税もありますが、日数もかかります。

恐らく病院での金額よりは安くなるでしょう。

ジェネリック医薬品にするともっと安いはずです。

ですが日本語以外が苦手な人にはハードルが高いかもしれません。

サイトは英語などで書かれているためです。

後、もう一つ、個人輸入代行という方法もあります。

日本のサイトですので、先ほどの高いハードルは消えます。

金額は中間マージンが入るでしょうから、直接個人輸入するよりは少し高くなるかもしれません。

このように病院で保険が適用されない医薬品の場合は、海外でも売ってないかを探し、それぞれ比較して検討すると安く手に入る所を見つけられると思います。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする