個人輸入代行の比較ポイントを2つ紹介

偽物に注意

個人輸入代行サービスを利用するときには、複数の業者を比較しましょう。

政府が調査したデータによると、海外から個人輸入で持ち込まれた薬のうち、6割は偽物だそうです。

これは公式の発表なのでかなり信用できると思われます。

また、これは2009年調査のデータであり、現在はもっと増えている可能性があります。

個人輸入代行業者を利用して海外から薬を購入する人は増加傾向にあるので、偽物の数も年々増えているかもしれません。

比較するポイント

ここでは、個人輸入代行を比較してできるだけ偽物にあたらないようにするためのポイントを紹介します。

1つ目のポイントは、創業年数を比較することです。

事業年数という呼び方をすることもありますが、基本的には意味が一緒です。

ただし、設立年数とは明確に意味が異なります。

例えば、個人事業主として3年間営業した後で法人化をして1年が経過するという場合、創業年数・事業年数は4年ですが設立年数は1年です。

創業=事業を開始することであり、設立=会社を設立することです。

どちらかといえば創業年数のほうが信用をはかるうえで重視されます。

個人輸入代行業者の中で創業年数が長いのは、オオサカ堂とアイドラッグストアーが代表的です。

オオサカ堂は創業21年、アイドラッグストアーのほうはサイトの開設が1997年ですが、運営している会社自体は1980年に設立されているのでオオサカ堂よりも老舗と言えます。

オオサカ堂は現在クレジットカード決済が停止中ですので、どちらかといえばアイドラッグストアーのほうがおすすめですね。

日本の会社が運営しているという点でも信用できます。

この2つの会社は創業年数が20年以上と老舗ですが、最低でも1年以上営業している会社なら一定の信頼はあると言えます。

できれば3年以上が理想的ですが、サービス内容なども考慮して決めましょう。

新しい会社でもサービスが非常にいいなら試してみる価値はあると思います。

口コミや評判を確認しよう

2つ目のポイントは、口コミや評判です。

つまりは実際に利用をした人の声を聞いてみるというものです。

基本的に、口コミや評判は匿名で書き込めるので、鵜呑みにするのはよくないです。

サポートに電話したらオペレーターの態度が悪かったという理由で逆切れをして悪口を書き込む人もいます。

しかし、本当に価値がある書き込みをしてくれる人もそれなりにいますので、全体的に見れば口コミや評価は参考になります。

以上、ポイントを2つ紹介しましたが、他にも比較するべき項目はあります。

失敗したくない初心者の人には大手・老舗・日本の会社・評判も良いという4点を満たしているアイドラッグストアーがおすすめです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする