個人輸入代行業者の比較ポイント

個人輸入代行業者を比較するポイント

海外から安価で医薬品を購入することが出来る個人輸入代行業者ですが、利用前には複数の業者を比較することがリスクを軽減するためには重要です。

そこで知っておきたいのが個人輸入代行業者の比較ポイントです。

まず絶対に確認しなければいけないのが運営者です。

偽造薬や商品発送時のトラブルなどが多い個人輸入代行サービスですので、そうしたリスクを減らすためにも会社概要や特定商取引の項目がしっかりしているかどうかを確認しましょう。

こうしたサービスは個人が副業で運営していることも多いのですが、なにかあった時のことを考えると企業が運営している専業サービスの方がよいでしょう。

営業年数が大事

また企業を比べる際には、営業年数を調べるとよいでしょう。

営業年数が長ければトラブルなく運営が続けられているという証にもなります。

次に商品の品質も外せないポイントです。

先述した運営者の点にも関係していきますが、運営者が曖昧な業者は室にも不安があるところが多くなっています。

医薬品の場合、粗悪なものを使用してしまうと体に害が出てしまう可能性もあります。

ですので、正規メーカー品であることの保証書が見られるようになっていたり、業者が独自に商品の成分分析を行い、その結果を公表しているなど、取り扱っている商品の品質が確かかどうかは比較の大きなポイントとなります。

粗悪な商品を取り扱っているような業者は口コミなどでも悪評が目立ちますので、そうした評判も含めて、しっかり調べるようにしましょう。

自分にあったサイトを使おう

最後は注文についてです。

海外の個人輸入代行業者の中には、サイトそのものは日本語で運営されていても、注文時の基本的なやり取りが英語などということも珍しくありません。

英語が分からないとトラブルのリスクが高くなりますので、全て日本語対応かどうかは重要な比較ポイントです。

また料金自体は安くても重さや金額に比例して送料や手数料などが発生する業者もありますので、注文時には他の費用が発生しないかどうかも気を付けましょう。

このようにして個人輸入代行業者を比較していくことで、使いやすくて安心な業者を見つけることが出来るはずです。

こうしたサービスを使う際、どうしても商品の料金だけで比べてしまいがちですが、ある程度法律が整っている日本国内のサービスとは違って海外とのやり取りになりますので、安価だからと安易に利用を決めるのではなく、信頼して利用できるかどうかをポイントに業者選びをするようにしましょう。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする